<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
寛彩人2
朝日新聞 日曜版(関西)
2012年6月24日

超一流の中 挑戦する大切さ

 挑戦というのは、たとえ失敗したとしても、大切なことだと思います。僕も2006年にヤンキースに入団し、目指していた大リーグの舞台に立てたことは、本当にうれしかった。
 デビュー戦は、07年4月7日のオリオールズ戦。結果は悪かったが(5回7失点)、本拠ヤンキースタジアムの雰囲気を堪能できた。一投一打に観客が盛り上がり、一方で、悪いプレーには地元ファンからもブーイングが起こる。米国では自分の投球に球場全体が反応する。投げていて楽しかった。4月18日の初勝利は一番の思い出ですね。
 クラブハウスの独特の習慣も、面白かった。試合前に音楽をかけて、気分を盛り上げる。ラテン系や白人の選手がいて、音楽の好みも違う。だから、当日の先発投手が曲を選ぶルールだった。もちろん、日本の曲もリクエストされました。
 ヤンキースには超一流の選手が集まっていた。年俸10億円を越す選手は普通にいたが、彼らの野球に取り組む姿勢は刺激になった。努力していない一流選手はいない。人一倍早く来て汗だくになっていました。僕もチャンスをもらったからには、頑張ろうと思ったが、08年6月からマイナーリーグでの生活。最後はなかなかチャンスをもらえなかったが、大リーグ昇格を目指して全力を尽くせた。僕を使うか使わないかは、最後は首脳陣の判断なので。
 (5年総額4600万㌦=当時役54億円で)ヤンキースと契約したが、大リーグでは2勝4敗。地元メディアにはいろいろとたたかれたと思う。でも、報道は一切見なかった。直接、僕に文句を言ってくる人もいないので、気にならなかった。自分の記事を読んでもプラスになることはないし、阪神時代から新聞とかは読まなかった。お金をもらいながら、好きな野球をやらせてもらっている。だから批判されてもつらくはない。逆にやってやろうという気持ちが強くなるんです。


************************

文章は校正用語でいうところの「ママ」です。
文脈の中に1回しか出てこない主語に対して「も」を乱発しすぎだろう。まずは「は」か「が」ですよ、「も」はあくまで変化球ですよ。
井川選手はインタビューに答えてるだけなんだから、文章は記者が組み立てないとまるで井川が頭わるいみたいじゃねーか…「デビュー戦はオリオールズ戦」とかさぁ。「頭痛が痛い」に近いものが。

内容に関してですが、彼が本拠地にしてた甲子園は客の反応が大きい球場だと思われてます。でも、私が実際体験した感覚で言うと、守りの間は静かなんだよね。投球に対するレスポンスは専ら打たれた時の「あーあ」的なものが多く、ストライクのいい球がいったとしても、拍手や歓声はまばらです。基本、マイナス査定なんだよね。日本の野球はさ。(つーか日本全体がありとあらゆるケースにおいてそう)
そういう違いを彼は感じたのではないかと、私は想像します。だから「楽しかった」と言ったのではないかと。

ところで、クラブハウスでかけた日本の曲って何?リンドバーグ?
彼はオリックスに移籍した今でも、マウンドテーマに「君のいちばんに…」を使っていて、そらもうファンは絶対そうに違いないと予想してたわけですが、いざ聞こえてくると笑わずにはいられない。泣き笑いですよ、幸せな。あれ、歌詞を知ってますか?井川ファンが、彼が渡米したあと、どんな気持ちであの曲の歌詞を思い出していたと思いますか。全くもう。

新聞は読まなかった、ということです。うんそうだよね。読んでも誰も幸せにならないようなものは読まなくていいな。
英語そんなにわかんないから大丈夫だろうと思ってた(笑)

スポーツ選手じゃなくても、超一流じゃなくても、挑戦することは大事なことだし、そのためには「他人の無責任な評価や評判」に心奪われないための習慣が必要だと、私も思います。
自分のこととしては、つまり、他人の目を気にしたブログは書かないということ。
[PR]
by harunok | 2012-07-26 22:28 | 井川慶さん(33)
寛彩人(1)
朝日新聞 日曜版 2012年6月14日
寛彩人
オリックスバファローズ投手

井川慶(1)

 6年ぶりに日本球界に復帰しました。米国で野球を続けたかったが、契約できる球団がなかった。僕は、浪人しないと決めていた。オリックスに決めたのは、早くから熱心に誘ってもらっていたのと、阪神時代にお世話になった岡田彰布監督がいた。2005年に阪神で優勝した時は、トレーニング中で間に合わず、監督の胴上げに参加できなかった。今年は何としても自分の手で岡田監督を胴上げしたいです。
 5月1日に2軍の阪神戦で、6年ぶりに甲子園のマウンドに立ちました。渡米前はいろいろと批判されることもあったので、阪神ファンから拍手をもらえたのがうれしかった。5月9日のソフトバンク戦で2032日ぶりに1軍で登板。足を痛めて4回途中で降板したが、イメージどおり投げられた。米国時代は中継ぎだったので。久々に集中できて楽しかった。今は2軍で調整中ですが、状態は良くなっているし、焦りもない。
 米国と日本で、一番違いを感じるのは食事です。米国の試合前の食事は、セルフサービス。自分でサンドイッチを作っていた。マイナーリーグ時代は、ファミレスでサラダに肉をのせたメニューを食べるのが習慣でした。米国は店が閉まるのも早く、ナイター後に食べに行ける店も少ない。それに比べると、日本は料理もうまいし、遅くまで店もやっている。日本は野球をする環境が整っている。
 日本である程度のタイトルを取り、モチベーションを保つのが難しくなって、米国に行った。日本に戻り、やる気の面がどうなるのかと不安だったが、一からやろうと思えている。まさか関西にもう一度帰ってくるとは思わなかった。米国よりは、関西の方がなじみやすいですね。

いがわ・けい
水戸商高卒。1998年から阪神でプレー。2006年オフに米大リーグ・ヤンキースへ移籍し、今年3月にオリックスに入団。



*******************

朝日新聞の関西版で連載しているコラムです。
実家の母に切抜きを送ってもらうというスーパーアナログファンシップ。
ちっこい顔写真(新聞的な)も載っていて、しかもなかなか可愛く写っているという!

それにしても、内容はまぁいいとして(食事中心なのは予想の範囲内)、これは本当にプロの新聞記者、それも天下の朝日新聞の記者が書いた記事なんですかね。
目が滑って眩暈がするほどの悪文じゃないですか…理系の学部生でももうちょっときれいな文章書くよ。これがマジなレベルなんですか?新聞大丈夫ですか?
誰か道辻記者(デイリースポーツ)呼んで来て!

と散々悪態をついてはみましたが、取り上げてくれたことには感謝してます。
というわけで、切抜きが手に入ったぶんだけはチマチマ書き起こしていこうかと思います。

…今みたいに、赤子が寝てくれていればですが。

ちなみにチビは、この前の初勝利のインタビューの間、驚くほどじっと待っててくれました。
風呂上りでTシャツだけ着せられた状態で(下半身オムツ)。
お母さんが急に泣き出すのでビックリして、いっしょうけんめい慰めようと「笑えよ!一緒に笑ってやるからよう!」という感じでおちょけてくれました。孝行息子だぜ。
[PR]
by harunok | 2012-07-16 15:22 | 井川慶さん(33)