カテゴリ:野球( 33 )
2005回想企画・番外編
シリーズ禍で中断してました、2005シーズン回想企画
今回は番外編として
2005 打席・マウンドテーマ アワード
を勝手に選考したいと思います。11/6は投手部門の表彰。

【阪神タイガース・投手部門】

最優秀マウンドテーマ賞
藤川球児
EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING / リンドバーグ
どっぷり日も暮れてカクテル光線に浮かび上がった緑色のグラウンドはそこに誰もいなくても充分ドラマチックなのに、緊迫したゲームの流れにリンドバーグとリリーフカーが一気に流れ込んでもう大変なことになってました。天才的な演出力だと思ってたら嫁様との思い出の曲だそうで(…)よく聴くとサッカーの曲なんですがもう総合芸術の域。

優秀アジテーター賞
ジェフ・ウィリアムス
THUNDER STRUCK / AC/DC
マウンド・テーマの意義って色々あると思うんですがやっぱり『気合を入れる!』っていうのは大きいと思います。何によって気合が入るかは人によりけりですが、もう3年目のAC/DCが流れると「ジェフ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」となるわけですよ。みんなで吠えようぜ!(今だかつて球場でこの曲口ずさんでる人を見たことは無いけど)

ユニーク賞
江草仁貴
怒りの獣神(獣神ライガーオープニングテーマ) / 弘妃由実
毎回思うんですが別に怒る必要はないんだけど(笑)獣神ライガーの詳細についてはコチラ。同名のプロレスラーについてはコチラ。1989放送ということなので、当時江草9歳小学生。特撮とかアニソンてとことんキャッチーでいいですよね~江草のキャラには良くマッチしてると思います。見てるほうもついついリラックス・・・。

墓穴賞
井川慶
GRAVEYARD SYMPHONY(アンダーテーカーテーマソング)
これを墓穴といわずして何を・・・。でも私は好きですよ!「はじまるぜェ~」って感じがするじゃないですか、鐘。中途半端にノリがいい曲とか似合わないし、井川さん案外アウトローなのに全然ロックンロール風じゃないし。実は去年はリンドバーグだったんですが、知人によるとどうも失恋の歌だったらしい(球児とは違う曲)。

【他球団・投手部門】
・・・あまり公平な選考ができそうもないので適当に概観してみました。
やっぱマウンド・テーマは球場で聴かないとね。

1、中日ドラゴンズ
岩瀬に尽きるでしょう・・・他球団ファンには幻の「業務用音源 MKH-21 M-9」コレ聴くためにナゴドに行くのは正直アリだと思う。でも負けちゃうしなぁ・・・。
2、横浜ベイスターズ
三浦の矢沢永吉とかはもう定番ですよね。選ぶとしたらクルーンのGASOLINA / DADDY YANKEEかなぁ・・・。それはいいんだけど吉見のさくら/ケツメイシとか染田の千と千尋とか結構目を疑うような選曲も・・・本当にハマスタで流したのか!?
3、ヤクルトスワローズ
個人テーマナシ・・・これねぇ、真剣に止めた方がいいって。去年までネタ満載のナイス選曲だったのによ~。やけにサントラが多くてさ~。
4、読売ジャイアンツ
TVだけだとマウンドテーマって聴きようがないんだけど、桑田はマジでオペラ座の怪人なの?木佐貫がVan Halenなのは吉野がMETALLICAだったのと同じ原理ですか?表記がカタカナだったり英語だったりテキトーなジャイアンツのサイトにもちょっと笑った。
5、広島カープ
市民球場では色々聴いた記憶があるし、「おお~」と思った選曲もあったんですが・・・見事に忘れてしまいました。そしてどこにも載ってない!いや、某板に行けば専用スレがあるのは知ってるんですがしばらく近寄りたくない・・・。
[PR]
by harunok | 2005-11-06 18:38 | 野球
投手ニュース
さっきから去年のスポフェスの再放送やってるんですけど、そんなんいいからベストプレイヤーマッチ(なんかゴロ悪い)を放送しろよ・・・。
何となく家事をしながら横目で見てたんですが、高橋聡文(中日)が出てるじゃん。
あの頃はまだどんな選手なのか知らなかったよなぁ。

さて、ニュースです。

1、斉藤隆、横浜退団。メジャー挑戦の意向
(左)阪神日記で「タカシ」と言えば鳥谷ではなく斉藤なのですが(すみません)・・・そうですか退団ですか。佐々木先輩もいなくなるし、なんか世代交代ですねぇ。ちょっと寂しいな。波留はコーチだし・・・。しかしメジャー挑戦はFAのときに一回挫折してるはずなのですがタイガース戦でものすごい好投したのも記憶に新しい36歳。どうなる、タカシ!?

2、 球児「いつか先発でMVPを」
セ・リーグ最優秀中継ぎ投手賞の藤川球児(結局それだけかぁ・・・)の口から「先発」の言葉が。なんか気持ちわかるよ!!
疲れのたまり方(体質)的に先発は合わないのでは、と言われてますが中継ぎエースって何年もできる仕事じゃないよね。チームが弱けりゃ意味ないし。でも今はこの晴れ姿を見よ!


3、 黒田 セ投手陣と共闘だ
よしきた!!みんな牛島監督の下に結集だ!広島は黒田、中日は岩瀬、巨人は上原・・・は、阪神は誰が中心になるんだろう・・・現状だと赤星さんなんですが・・・!!orz

4、 豊田FA宣言 巨人入りへ?
なんかFA投手が続々と読売へ?・・・もしそうならが先発に回れるのか~彼の抑えっぷりは好きだったんだけどな。まぁこの時期の「相思相愛」は話半分に聞きますけど。

5、安藤が新球シンカーに挑戦!
シンカーって「落ちる遅いシュート」みたいなもんだと認識してるんですが、あってるんかな・・・。そもそも右投手、しかもオーバースローでシンカー投げるってあんま聞かないなぁ。何となく左や変則ピッチャーの球種ってイメージが・・・高津とか昌とか。難しいんですよね、確か。でも安藤器用だからな(←1シーズンに1つずつ球種が増える男)。コントロールもわりといいし。ちょっと楽しみですよ。


さて、今日は矢野ラジオ再開初日でゲストは福原忍さんらしいと噂なのですが、いきなり用事が発生しまして聴けないことに・・・。
ラジオって何て不便なんだよ!!ポッドキャストにしてくれよ・・・。
忍の「今季の反省」聞きたいよ・・・!!
[PR]
by harunok | 2005-11-05 17:58 | 野球
プロ野球解説に仕返しを試みる
野球中継における実況者、解説者の役割というのはハッキリさせてもらいたい。
解説は元プロ野球選手が担当することが多く、彼らは放送のプロではないという見方もあるかもしれないが、現役を退き解説が主な仕事になっている以上はプロの解説者であってもらいたい。
例えば「今のは内角を狙ったのがシュート回転して甘く入ってしまいましたね」これは解説。しかし「次は外の変化球で三振ですね」これは解説なのだろうか?
またキャッチャーが外に構える。「ここは内角に行った方が良いと思いますけどね」これは?普通に考えれば起きていない現象を解説することは出来ないので、予想、しかも主観が入っているので希望・意見ということになるだろう。最低限、相手打者のここ数ヶ月のデータを根拠に上げない以上、断固として「解説」とは言えない。解説だと言うのならばむしろ「なぜここで外なのか」を説明しなくてはならない。同じように、打者が3ストライク目を見逃す。「今のは振って欲しかったですね」これは完璧に感想だ。視聴者は本当にそれが聞きたいのだろうか。私は「なぜ見逃したのか」に元プロの視点で合理的な説明をしてもらいたい。もちろん打者本人にしかわからない部分もあるだろうが、可能性をあげることは出来る。その前の球が同じようなところからボールになったからなのか、コースが良すぎて手が出なかったのか、全く予想外の球種が来たからなのか、あるいは打者はここのところ思うようなスウィングが出来ずバットの出が悪くなっているのか、四球を取りに行こうという気持ちが強く出てしまったのか。それを踏まえて「見逃し三振」がその打者の次の打席、投手の心理、両チームのムード、ゲームの展開にどう影響する可能性があるのかを解説して欲しい。

予想・希望・意見・感想が解説と異なる点は明確で、前者は主語が解説者、後者は選手。要するに解説者自身の話かプレー中の選手の話か、という差である。
解説者は素人の「え~なんで!?」を解消するためにいるのではないのか。プロ野球選手がどんなに高度な世界でプレーしているかを視聴者にわかってもらうためにいるのではないのか。
視聴者はその日HRを打った選手のことは少なくとも次のゲームまでは忘れないだろうが、その日の解説者がだれだったかを覚えている人はまれだろう。
解説者というのは所詮その程度のものなのだ。

選手より自分が正しいといくら主張したところでファンの反感を買い、いたずらに悲しませるだけで何の良いことも生まれない。言われた方はどうしたら良いのだ。自分の応援してる選手はそんなにダメなのか、とガッカリしながら風呂に入るしかないではないか。
(もちろんこれは実況アナウンサーにも、広義には素人解説にも言えることで、私もその轍を踏まないように努力しているつもりです)


2006.06.12

そんな思いをちょっと反映させつつ、普段は解説する側の彼らに意趣返しをこめて簡単に解説してみました
[PR]
by harunok | 2003-06-12 16:50 | 野球