カテゴリ:野球( 33 )
(左)再び
こんにちは、harunoyです。

なんか井川さんが帰ってくるらしいので、あわててログインしたものの
管理画面がすっかり変わっていてどうしていいのかわからないうえに
コメント欄はロシア語で埋め尽くされており、呆然としております。

(左)はその後に「阪神日記」とつくからには阪神ファンのブログであったのですが
色々思うところあり現状ただのアリゾナ(カーディナルス)ファンであるharunoy。
おまけに意外なことに、7ヶ月の赤子を育てていたりするうえに四月から職場に復帰する予定なので以前なら喜び勇んで明日にでも神戸にすっとんでゆくところ、この記事すら、赤子を寝付かせてからコソコソ書いている始末。

どうしたもんか…

しかしまぁ、岡田さんに任せておけばなんとかなるだろう。
久保田3イニングスの恨みはまだ忘れてませんが(本当です)、井川に関してはわりと信用してます。
オリックスがどうというより、また関西かよ!という点だけがなにより心配です。

そんなわけで、一日早いですが世紀の誕生日プレゼントを頂き万感の思い。
その調子でここも再開できりゃいいんですけど。


赤子と仕事と井川の三本立てかよ…
[PR]
by harunok | 2012-03-28 21:23 | 野球
プロ野球には夢も希望も1種類しかない
1年に1回くらい書いてもいいかと思いまして戻ってまいりました。

のんきなプー太郎が一転、仕事と家事に追われる生活になり、野球どころかテレビをほとんど見ずに1年が終わりそうです。

その乏しい記憶の中で、一番良かったのは夏の帝京高校かなぁ。
佐々岡の引退試合もなかなか凄かったですね。
阪神では巨人戦が良かったです。すごい総力戦だったやつ。←いい加減な記憶だ・・・
今季のヤンキースは不気味なほど阪神とシンクロしてまして、先発がどんどんいなくなったり、投手が良くなってきたら打線が鬼貧打になったり・・・井川さんが何か仕組んでたとしか思えませんが、最後も似たようなもんでした。
ただ、スタジアムに行ったのは本当に楽しかった。


「見れない」というだけでなく、私にとっては、野球を楽しむことが非常に難しいシーズンでした。
井川さんのことはかなり割り切ったと自分では思うんですが
傷口に塩を塗りこむような出来事が一年中続いたような印象です。疲れた。
で、今日ついに限界を超えました。

どうして野球選手のファンはこんなに苦しまなくてはならないの?

私は阪神ファンですが、何でかと言うとそれは兵庫で生まれて、すぐに兵庫から引き離されたからだとずっと前に書いたかもしれません。
別に阪神を選んだわけではないし、選べるもんなら私は絶対に阪神だけは選ばない。
私が阪神という球団といかに気が合わないか列記したら大変なことになる。
(だいたい、黒と合わせて一番やぼったくなるのは黄色だと思う)
でも私は阪神ファンで、なぜかと言うと自分の帰る場所は兵庫だと、関西弁もろくに喋れないくせに思ってるから。

どうせカープのファンもそんなことだろうと思う。
その多くはきっと選んでファンになったわけではない。
広島に生まれたからじゃない?
もし私が広島で生まれたら、100%カープのファンだった。99%とかじゃくて100%だ。

私の妹はホークスファンだが、九州生まれではない。
彼女は何とあのチームと名前が一緒なのだ。
これも、彼女には変えようがない。
そんな人もいるかもしれない。「鯉」はさすがにあんまりいないかもしれないけど・・・

で、何でそんな理由でこんなに苦しまなくてはいけないの?

それだけじゃなくて、阪神ファンと横浜ファン(旦那)が、広島カープのことで何故こんな絶望を感じるの?



プロ野球選手が売る夢は、沢山あるのかと思ってた。
見る人によってそこから色々な「夢」が見えるような、七色に輝くような存在なのかと思ってた。
でもそれは幻想で、本当はちょっと前からうすうす気づいていた。
プロ野球選手の売る夢、それはただ一つ、「サクセス」だ。
野球が上手いとスターになって億万長者になれる、そういう夢。
それ以外はファンが作り出したフィクションなのだろう。

プロ野球選手のファンが何故こんなに苦しいのか、それは「フィクション」を応援しているからに他ならない。

選手に背を向けられて、こんなに悲しく、苦しく、惨めなのも
そしてそれが、いつまでも消えない理由も。


私は野球をやったことがない。
当然、いつかは野球選手になろうなんて思ってない。
そう考えると、プロ野球選手の売る「夢」と私の個人的な「夢」がクロスする部分はほとんどないのだ。「夢」商品の顧客になりえない。
野球選手が少年ファンを一番大事にするのも、そう考えたら筋が通ってる。
自分たちの提供するものを、その意図のとおりに受け取れるのは、「プロ野球選手を夢見る」少年たちだけだから。
なら私は野球じゃなくていいじゃん。
「成功」が見たいなら、分子生物学会でも、WBSでも、情熱大陸でもいい。
むしろ、野球はとても見当違いだ。


哀れなプロ野球選手フィクションのファンは、理論的にはこれで救われる。
しかし、実際にはまた、何かあるごとに胸が痛むだろう。
丁度今の私のように。
[PR]
by harunok | 2007-11-08 22:06 | 野球
なんでイルカなの?
毎日面白いです。
今日は岡島が頑張った。
はじめてですよ、彼が投げてる時にフォームが全然目に入らないなんて。
もう球に釘付け・・・

明日はまたダル憲伸なのでしょうか。
「エース」もこれで見納めですね。
[PR]
by harunok | 2006-10-25 23:10 | 野球
メッセージ
去年タイガースが優勝した時、中日ファンの方からお祝いを頂いたのがとても嬉しくて、今年は是非お返しをせねばと思っていたのですがどこにコメントしていいやらわかりかね、悩んだ挙句ここに記します。

リーグ優勝おめでとうございます。
途中で1回くらい順位逆転して鼻水出してもらう予定だったのですが、まぁ色々ありましてそれはかなわず、見事に逃げ切られました。
連覇して「阪神スゲー」と言われたかったぜ・・・。
来年こそはナゴドの謎を解き明かし、互角の戦いが出来るはずなので楽しみにしていてください。
その前に、短期決戦のノウハウを完全に理解したらしい落合ドラゴンズの戦いっぷりに期待しております。
[PR]
by harunok | 2006-10-12 17:16 | 野球
nobioxさんへの返答
高校野球、夏の大会は終わりました。
非常に印象に残る大会でした。
激しい戦いの末、1ヶ月弱の間にビックリするほどボロボロになってしまった芝生を、今ごろ阪神園芸の職人さんたちは炎天のもと何とか蘇生させようと奮闘されていることと思います。
彼らの夏の戦いです。

その決勝戦において、延長15回引き分け再試合という措置が取られたことが今大会最大のインデックスではなかろうかと思いますが、巷の野球好きには黙って見過ごせない決定であり、私もそれに関しては以前のエントリーで短い感想を述べました。
忘れないうちに書きたいことを全て書いておくことにします。

☆このエントリーはnobioxさんのコメントに対する返答です。
詳細はこちらのエントリー(前半)とそのコメント欄で・・・

>nobioxさん
[PR]
by harunok | 2006-08-24 11:18 | 野球
野球三昧
さて、高校野球が大変なことになってますね。
今年はハイスコアの激しいゲーム展開が多く、大会HR数の新記録が樹立されたりと完全に「投低打高」傾向にあったのですが、その急先鋒と思われた両校がいきなりゴリゴリの超投手戦。これは私には嬉しい誤算。
やっぱり前評判どおり田中(駒大苫小牧)は凄かったし、斉藤(早稲田実業)はこれからどうなっちゃうの、という感じ。2人ともスライダーがその辺の2軍の投手より(ヤス除く)いけてるよ・・・そして球が速くてコントロールがいい。
田中投手は大会防御率1.99、斉藤投手に至っては6戦全部完投して0.9、共にイニング数以上の奪三振。それ以上にマウンド適性がすごく感じられます。ここぞ!というところで思ったとおりのボールが投げられる。いい投手だ・・・。う~ん、先が楽しみです。

今日の再試合については色々意見もあると思いますが、日程に関しては雨天で順延できるくらいなんだから本気になれば都合はつけられるだろうし(今季はここまでパーフェクトに消化してるので予備日の余裕も充分ある)、それがムリならせめて午後1時プレイボールという時間設定だけでも何とかすることは出来るでしょう。いまどきの高校生、特にこの2チームの選手がナイター練習やったことないとは思えない。
駒大は例によって他の投手が先発するでしょうが、早実はどうするんだろう。
この投手層の違いが勝負を分けるかもしれませんね。
それ以外なら早実に若干、分があるように思えました。守備力の差が・・・(笑)


さて、そんな死闘を断腸の思いで振り切って、実はハマスタに行ってきました。
カープvsベイスターズ。
当日でも悠々入れる優良カードです(笑)
もちろん久々の「つがい観戦」。

伝説の「つがい」無敗記録をかけて勝負!
[PR]
by harunok | 2006-08-21 11:50 | 野球
スゲェ試合
こんなに高校野球を見た年はないでしょう・・・単純に日中時間があって、朝から起きていて、しかも同居人野球観戦バカだからなのですが。

しかし優勝候補は伊達じゃないね。
駒大苫小牧vs青森山田。
特に勝ち越しされて1点ビハインド9回1死からの同点HRが凄すぎる。中沢選手。
インコース低めいっぱいの速球をライトスランドへ・・・ちょっと有り得ない凄いHRでした。
あんなのプロでも打てないよ!
金城とか、4~5月のアレックスとか、東京ドームで絶好調時の二岡とか、そんな感じ

そこからさらに1点返してサヨナラ勝ち。

最近、予定調和のようなプロ野球とか高校野球のワンサイドゲームしか見てなかったので、久々に感動しました。2人とも試合が終わった後しばらく喋れなかったよ。
面白かった。

タイガースもあんな試合して欲しいですね。
[PR]
by harunok | 2006-08-15 12:01 | 野球
またしても
同居人TがTVをつけるなり叫ぶので、一体何事かと思ったら
佐伯が出てcvbでうfc@pl、v。・」
・・・だそうです。
今日は活躍してましたよ、ヒット2本、1打点に好守備。
ベバリンがボロクソ打たれて負けたけど・・・
多村より先に帰ってくるとはいろんな意味で(2人とも)さすがです。
でも佐伯がかえってくると古木が出られないんだね・・・多村が帰ってくると今度は誰が・・・小池

って他人の心配してる場合じゃないんですが、ベイスターズはどん底を抜けてかなり未来が見えるようになってきたチームなのでちょっとだけ羨ましいです(でも代打は鈴木)。
ここからはもう上がるだけ、という匂いがプンプンします。

これは単なる偶然だと信じたいんですが、私とTが同居を始めてから半月以上たつのにまだ一度も
「ハマ虎アベック勝利」
がありません。
直接対決があったとはいえ、これはあんまりだ・・・orz
オマケにあの遺恨試合。
毎日のようにどちらか、あるいは両方が激しくへこむ毎日、スポーツニュースもおちおち見られません。今日なんかお互いもう慰めの言葉も尽きて呆然という感じです。
でも何故か今横の部屋でサンデースポーツを見ているT(←tvkで負け試合見てたくせに)。
よくやるぜ・・・いや、むしろ尊敬するぜ・・・。


タイガースは戦力不足がいよいよ効いてきましたね。
開幕からずっと地味~にジャブを入れられ続けてたからなぁ・・・
オマケに非現実的な出来事に数々見舞われてなかなか吹っ切れない。
ただでさえしんどい夏場ですから、気力や自信が実力を何倍にも、そして何分の一にもしてしまうのでしょう。
そういえば去年の中日も怪我人とか投手のコマ不足とか、そういうものに常に足を引っ張られてとうとう気力尽きた・・・という感じだったように思い出されます。
ミラクル大連勝とかあって、もうちょっとしぶとかったけどね(笑)

先発も中継ぎもコマが足りなくなるなんて、全くシーズンは長いですね・・・。
[PR]
by harunok | 2006-08-13 22:39 | 野球
最後のマシンガン
石井琢朗2000本安打が地味に祝われてます。
史上34人目、「安打数」って野手全員に適応される一番間口の広い記録のはずですが、それでこの少なさ・・・。

タクローの場合、ドラフト外からのスタートとか、勝ちもついてる投手だったとか、色々バックボーンももの凄いですね。
そして何より、この人はそもそも2割8分で充分合格といわれる遊撃手。
しかもゴールデングラブを4回も獲ってる守備の人でもある。
優勝補正なんかではなくて、あの頃のベイの内野は本当に鉄壁だった・・・マシンガン打線と権藤野球のイメージで忘れられてる気がしますが、内野全員去年の中日みたいなチームでした。
更に忘れるなかれ、4回も盗塁王になってるのだ(笑)
35歳になった今年も既に5盗塁を決めている・・・。

今季は率が上がらず、チーム状況が悪い中で随分足踏みした感もあり、タクロー自らが派手な祝賀を辞退するという幾分寂しい達成になってしまうな・・・と思ってたんですが、やっぱり記録というのは一瞬現実を忘れさせる。
せめて勝ち試合で達成できればなぁ・・・。
一昨日の一打サヨナラのシーンでは大盛り上がりだったようですが、そこで四球を選ぶからこその「ハマの核弾頭」。先頭打者の年季が違うよな!

ベイスターズに残った最後の輝かしいマシンガン。
しかし横にはいつの間にか最新型の重火器がずらっと並んでいる。
監督が代わってもコーチが変わっても世代が交代しても、チームに流れるカラーというのは何故か変わらないものですね。
本当に不思議。
[PR]
by harunok | 2006-05-12 16:38 | 野球
プロスピ3戦記
大洋時代から長きに渡り訓練されたベイファンであるharunokの相方曰く
「現実はあまりに辛すぎる。どうせ勝てないなら若手が見たい。内川藤田の二遊間が見たい。だからプロスピ3を買ったよ・・・
泣かせる。

・・・というわけで、相方のPS2ではある種神聖なペナントレースが粛々と進行中。
harunokはその中の1試合の投球をまかされた。ハマスタの中日戦だ!
相方特製オーダー(4番多村)、先発は門倉ドミンゴ
好調門倉は150km/h付近のストレートと低めのフォークがきわどいコースにズバズバ決まる鬼モード、相方唖然。荒木をいきなり3球三振に切って取るとその後も中日打線を全く寄せ付けず、なんと7回までノーヒットノーランノーエラー、しかも無四球(笑)
谷繁を2打席連続ボール球で三振に仕留めたり、もう最高の気分。
しかし調子に乗って福留にカーブを打たれてしまい、2人ガッカリ・・・
T「何でカーブなんだよ~!」
h「最近投げてなかったな~と思ってさ・・・」
緩い球をあえて選択した結果打たれるというのは後悔するもんだというのを改めて実感するharunok。
しかし後続を切って依然無四球・無失点のまま試合は9回へ、代打立浪にストレートを打ち返され2安打目。
h「くっそ、荒木でゲッツー取るよ!インコースのシュートに詰まりやがれ!」
素直に初球のシュートをボテボテと転がす荒木。何この達成感・・・!!
結局門倉は被安打2、奪三振14、無四球で中日を完封。打線も大量得点で(打ったのは相方)完全勝利。

その後、今度はペナントとは無関係に井川さん先発の西武戦をやってみることに。
h「うわ!何だこのノーコン投手!!しかも球が遅いよ!ツーシーム110km/hはおかしいよ!」
T「あぶね!何でど真ん中に投げるんだよ!」
h「外角低目を狙ったの!」
T「何でフライになるんだ・・・井川スゲェ」

プロスピでは選手がウッカリミスをする時、頭の上に「!」マークがピコーンと出るんですが・・・
h「こら、イガー!!」
ランナー背負うとピコーンが出て、チェンジアップが矢野さんのアタマの上あたりに・・・orz
あまりのリアリティに泣きそうになるharunok。
更に追い討ちをかけるようにピコーンになるサード今岡・・・有り得ない・・・こんなゲームあるはずないよ…(´Д⊂

それにしても井川さんは本ッ当に難しい。この日はクロスファイアがことごとくボールになってしまい、スライダーがイマイチで、カーブがどこ行くかわからなくて、もうどうしていいかわかんねぇよ!初回に3失点(タイムリーは帆足・・・)の後5回で代打を出され(←出したのはharunokだ)、2番手は江草
一軍登録選手を弄らなかったので、江草はデフォルト設定で中継ぎ要員になってる
江草使いやすいよ江草・・・ツーシーム多投、困ったらフォークで2回を無失点。
続くジェフは最近リアルではご無沙汰だった「右打者の膝にキレすぎたスライダーが・・・」なデッドボールでノーアウトのランナーを出すも無失点、最後は久保田を使ってみるもやっぱり無失点。
久保田が一番コントロール良かったな・・・色々正しいゲームですね・・・恐ろしい・・・。
しかし本当に良く出来たゲーム。
プロ野球選手の凄さを改めて感じることが出来ます。
井川さんの襟足が長いのだけ何とかして欲しいな・・・と思ってたらTV中継で同じくらいに伸びてるのに気がつきました・・・orz
[PR]
by harunok | 2006-05-09 00:13 | 野球