井川慶さん
もしかしたら最後かもしれませんが、今日の井川さん。

リプレイと途中から見る限り、一番感じたのは(コントロールはおいといて・・・)チェンジアップらしいチェンジアップ、スライダーらしいスライダー、カーブらしいカーブ投げてたな、ということ。
最近の井川チェンジアップはあまりシュート方向に変化しないし、抜けたりもあって(チェンジアップはそもそも抜く球だけどそうじゃなくてふわっとしたヤツ)、シーズン中はセンターカメラでも何投げてんだかよくわからないことがあったんですが、今日はその点とても良かったのではないかと思います。
メジャー球が合ってるのかも。
前の日米の時はボールが重いから筋肉痛になったとか言ってましたが(笑)
でもさすがにテンポはいつもと違ったなぁ・・・「あ~キッツ~」みたいな顔してたし。
いい球が多かったですよ。
ボール球も多かったけど、あんだけ四球だしてよく2失点に収まったもんだ。

まぁ、どんな凄い打者だか知らんが(今日ちょっとわかったけどさ・・・)、そうそう顔も合ったことないヤツに打たれる投手ではないってことですよ。


NPBの行事的にはまだまだ日米野球最終戦、アジアシリーズなどがあって、大学・社会人ドラフトがあって、ファン感謝デー、そして契約更改が・・・となるわけですが、harunok的にはこれでおしまいです。
今後、井川さんの来期契約がどうなるかまだわかりませんが、個人的な意見など1つにきめられるもんなら今こんなに苦労してません。
私がチームメイトなら一も二も無く「さっさと夜逃げしろ」と言うし、球団職員なら来期の戦力計算とそろばんワークで1つの結論を出せるでしょうが、そもそもファンには結論を出す必要などなくて、もちろん判断基準も無くて、だからどうしようもないのです。
見てるだけです。
これまでもずっとそうだったし、これからも、永遠にそれしか出来ません。
ただ、ささやかな希望として、末永く元気で、投手を続けて欲しいと願います。
どうせ行くなら今オフに、まだ日本人がいない球団に行って欲しいな。
折角未開の地が残ってるんだから・・・まぁポスティングなら本人に選ぶ権利はないんだけど。

ただ、私はこのブログの運営に関しては何がしかの決定を下さなくてはなりません。
正直言ってこういうときに、自分が決断できる余地があるというのは救いですね。
その対象が弱小でしょうもないブログってとこが己のショボいところなんですが・・・

そういう経緯で、井川さんがタイガースと来期の契約を結ばなかった場合は(左)も店じまいとさせていただきます。
タイガースはこの先も私が死んだその先までも変わらず存在するでしょう。
そして私は他のチームを応援して、あるいはどこも応援せずに、野球を見ることは多分出来ないと思います。
だから来季もその次も、タイガースファンであることはやめないし、関東者にはあまりメリットの無いファンクラブのカードも無駄にどんどん偉くなっていく予定です(今はゴールドですよ!)。

でも井川さんがいなかったら、きっともう書くことがありません。


・・・とか書くと非常に辛気臭くてヘビーに見えますが、そうでもないです。
井川ファンなんかならなきゃよかったと思ったことは何度もあるし、瞬間最大後悔値に関してはかなりの記録が残ってますが(笑)、トータルすればやっぱりファンでよかったと思います。幸せです。
それは全部そっくり井川さんの手柄なんで。
「ファン泣かせ」なんて思わないで下さい。
[PR]
by harunok | 2006-11-07 21:46 | 井川慶さん(27)
<< 井川の真髄 2006年オフ企画どうしましょう >>