前言撤回!!
猛撤回。
ファンにも出来ることがあるッ!
それは!
異議を唱えることだッッ!!!

・・・と盛大に書き立てたいところなんですが、いや、もちろん主張は絶対そうなんですが!
言いにくい試合になってしまった。中継ぎ、ふがいないよ。
試合経過を追って書くと、
まず安藤吉見にタイムリー。
いくら打撃に優れる打者とはいえこれはダメ。
しかしこの時点でまだ勝ってるんだから、次を打ち取ればいい話。
タクローがフルカウントまで粘るのは仕様、暴投のあとあえてもう一球フォークを投げさせるのも、投げるのが安藤で打つのがタクローならば選択としては決して間違ってない。
四球だって良いと思って投げなくてはいけない場面なので、ワンバンしたのも責められない。
その後も、選手は全員間違ったことはしていない。
安藤はワンバンを見てバックアップに走った。
矢野はタクローのバットにボールが当たったのを見て、あるいは自分に当たっていないのにボールが加速して3塁ファールグラウンドにライナーで飛んでいったのを見てファールと判断して、ボールを追わずに、四球のコールを出した審判に抗議をした。
(この場合、ボールを追えばファールでないことを自分で証明してしまう)
タクローはファールのコールがなかったのでとりあえず走る。
他にどうしろというのか。
特に、退場になった矢野は本当にどうしようもない状態で、バットに当たらなければそもそもあんなところにボールがあのスピードですっ飛ぶことは考えにくい(もし自分に当たったのならば小細工を考える前に条件反射で立ち上がるはず)。スローで見た限り、ワンバンのボールは真っ直ぐ跳ね上がっており、イレギュラーしていないからそもそも暴投になったかどうかも怪しい。
「暴行」で退場になったというのも微妙で、tvkの放送席は球場マイクでの説明があるまで「暴言」だと思い込んでいたらしい。
まぁその辺は、いくら丸くなったとは言え「火付け盗賊改め系」の矢野さんなので、カーッと来て何か言ったのかも知れないから別に庇いはしないけど。

・・・というか、センターカメラの映像をスローで見れば私のような素人にも、そしてベイスターズ寄りのtvk放送席にも間違いは一目瞭然なのである。
解説の(ベイスターズOB)駒田氏はリプレイを見て自らの発言を訂正し、謝罪した。声は変だけど男らしいな・・・
どのくらい明らかかというと、試合が決したあと、tvkはあの場面を二度とリプレイしなかったし、NHKニュースに至ってはなんと暴投(という判定の)シーンなのにもかかわらず、バックネット裏からの映像を使ったくらい。失笑ものだ。みんな、笑え!

だから、ここまでは、まぁ仕方ない。ギリギリ我慢しなければいけないかもしれない範疇に収まっていないこともない、ということもできる。
しかしその後がいけない。
試合再開後、安藤が簡単にタイムリーを許したのも気に入らないし、その後せっかく起死回生の大逆転を見せたと思ったのに、それを上回るどうしようもない野球であっけなく大量点を奪われたのはもっと気に入らない。

本当は、あのシーツのミラクルな逆転打をもって『正義は勝つのだあ!』と高らかに宣言できたはずなのだ。
そしてはじめて、あのシーンに関して異議申し立てが出来るのだ。
負けて吼えるんじゃ格好付かないし、これでは結局あの退場劇が敗因ということになってしまう。

あ~あ。
6回の関本のもの凄い気合の入った仕草を見て、今日は勝てるんじゃないかと思ったし、赤星のタイムリー、シーツのミラクルで勝てると思ったよ・・・。


とまぁ、それは置いといて、久々の退場をくらった矢野さんは少し心配です。
厳しいことを言うようですが、抗議は当然としても退場は避けて欲しかった。実際のところ、審判が抗議の中身も聞かずに、その剣幕だけ見て脊髄反射で退場コールしたんじゃないかという気もしますが(大阪弁は損だな・・・)、それ込みで。そして退場を宣言した手前、何があっても誤審を認めるわけにはいかないのでしょう・・・
矢野さんにはそこまで要求したいです。それだけの選手だと思ってます。
しかしこういうとき最年長は辛いですね、誰もガツンと苛めてくれないんじゃ切り替えるのも大変でしょう。岡田さんは優しいしなぁ。
・・・が、明日の先発が下柳っぽいので何とかしてくれると・・・矢野さんの頭をもっともクールにしてくれる投手だからな・・・井川さんだったらと思うと・・・ガクガク

明日からナゴドじゃなければ、「矢野退場」なんて懐かしい字面、
久々に最短導火線キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!とか言って軽くネタにできるんですけどねぇ・・・。
せっかく「山本昌デー」とか中日らしからぬ色物企画でタイガースを出迎えてくれるんだから、気持ちよく乗り込みたかったですよ。




あ、今日の吉見はかなり良かったですね。
ストレートは球威があって、かつ良いコースに決まってたし。
なにより大ピンチの連続でも、肝心なところで思ったように投げられてましたね。帽子の中に何か書いてるのか、しきりに中を覗いていましたが、精神的に一皮剥けたんでしょうか。
この前の巨人戦も見てましたが、あの時は1安打(HR)ピッチングだったので粘るシーンは見られなかったんですよね。結構好きな投手なのでこの調子で頑張って欲しいです。
安藤は、彼らしいピッチングでした。アウトローのストレートで見逃し三振、という安藤のベストな組み立ても何度か見られましたし。少しずつ良くなってきてるんでしょうか。
バントも良く決めた。
登板間隔が開いてなかったのでスタミナ切れが早かったですが、次に期待出来そうです。


【追記】
出場停止かよ・・・なんかハメられた気分。
2度目っていうのがネックになったんでしょうかね、何もかもが審判・セリーグ会長の胸先三寸で決められてしまうことに、非常に不信感を抱いてます。
中日だけに「山本昌デー」とめいうっているからといって昌が先発かどうかわかんないし(笑)
もう勝つしかないですね。
しょぼいエラーは昨日やりつくしただろうから。
[PR]
by harunok | 2006-08-10 23:34 | タイガース
<< 情けない 面目保つ >>