書かないと忘れる
思ったより早く復帰できました。
私の手際が良かったわけではなく、単に運が良かっただけです。

携帯で何度か場つなぎ的なエントリーもしましたが、文章というのは全体を目で見ないと何とも把握しにくいものですね。画面あたりの表示文字数が少ない携帯は、私には非常に制約の多いツールに思えます。持ち歩けるメリットは何物にも代えがたいですが。

その間、まともに観戦できた試合はオールスターの2試合とジャイアンツ戦のみ、しかも7時から9時まで(全然まともじゃない)…お粗末です。ファンとして非常にダメです。
そのうちの1試合は井川さんが先発だったにもかかわらず、慣れない(うえになにもかもが揃っていない)キッチンで夕飯の支度に追われて半分くらいしか覚えてません。
例の衝撃的なサヨナラHRは目に焼きついてますが、打たれるべくして打たれたと思うしかありません。投手と打者の関係は常にフィフティーというわけではないし、正しい選択をすれば、あるいは投手が最高の球を投げれば必ず抑えられるということは(いまどきはゲームの中ですら)ありません。勝負を避ければ良かったのではと私も少しは思いますが、井川さんが勝負しちゃったんだからしょうがない。バッテリーには「HRだけは打たれない」という自信が有ったんでしょう。
大体、金本さんが相手のエースからサヨナラHR打ったら「金本凄い」しか言わないような人たちが何言ったって説得力ありませんよ・・・。
岡田監督がどう判断するかはわかりませんが。



その他は巨人中日、横浜巨人などを観てました。
スン(G)と村田(YB)は心身ともに充実してますね、投げ損じてないのに打つ、一度打ち取られた球を次の打席で打つ。怖ぇ・・・。村田はいつの間にこんな人になってしまったんだ、古木と3塁併用ツインバズーカだったのはそんなに昔の話じゃないんですけど。
そして今日からの対戦相手ベイスターズで特に目を引くのが吉村です。
22歳の高卒スラッガーなんてタイガースには全く縁のないスペック、眩しくて涎がダラダラ出そうです。
守備に難があり試合に出られない、という話だったのに最近はファーストで好守備連発。
ファーストが22歳って!四番が松坂世代って!
(その分、那須野とか山口とか牛田とかの若い投手が打ち込まれてますが・・・)
もうすぐ試合が始まりますが、ポイントは好調の石井に粘られても負けないこと(追い込んだだけじゃダメ)と、まだ(現在の調子が)何とかなるレベルの小池内川相川、そして投手を絶対に塁に出さないことだと思います。
金城とか村田とか吉村には打たれてもシングルヒットでなんとか・・・頼む・・・
[PR]
by harunok | 2006-08-08 18:06 | タイガース
<< やっぱ先制点 追記 >>