見事な藪病
おお、とうとうやってしまった・・・
あ~あ、やっぱりね~こういう役目が心底似合うよタイガース。

みんなの願いがこめられた聖火をうっかり消しちゃいました・・・(>_<) ゴメン!!
明日からまた頑張ります。


ジャイアンツ先発上原、タイガース先発オクスプリング共に中盤まで内野ゴロによる1失点、テンポの速い締まったゲーム。上原は連敗を脱出すべく初回から飛ばしていたし、オックスは元々長いイニング投げられるタイプではないということで、これはある程度予想できた展開。
問題は2人がどうやって降板するか、なのですが・・・。

オックスは中盤にランナー背負うと一気に崩れる悪癖があり、クイックモーションの欠陥も修正できたのか良くわからん状態なので4回、無死から木村のヒットが出たときに一波乱来るのでは、と思ったんですが二岡スンヨプ高橋を抑えてピンチを切り抜けます。
もしかしてこれは成長!?今日は6回1失点くらいで行ける!?
そんな期待にこたえ、変化球の制球がやや怪しくなりながらも5回裏を無失点で切り抜けるオックス。でも2-1は辛い。そろそろ追加点が欲しいぞ!
6回の表、先頭の赤星がヒットで出塁、ロースコアゲームなので手堅く送ることにしたらしいベンチ、藤本がバントの構え・・・しかしこれを捕手に捕られてしまいなんと赤星が2塁封殺、痛恨のバント失敗。
続くシーツが粘って3塁線にツーベース!
好投を続ける苦手上原から非常に良い形でヒットが続きますが、金本敬遠。
1アウト満塁はまだ充分チャンス、しかしここで上原が踏ん張りなんとタイガースは無得点・・・。赤星を送れていれば少なくとも1点は入ってた場面なんですが・・・。


そのショックを引きずるかのようにオックスはその裏、先頭打者の上原に簡単に四球を与えてしまう。川中木村をゴロに打ち取るもランナーはそれぞれ進塁して2死3塁。
さっきの上原に比べたらピンチでも何でもないんですが、ここさえ打ち取れば、というところで甘くなるのが藪病・・・初球の変化球が真ん中に入り見事に同点タイムリー2塁打を浴びます。
ここで止めときゃいいのに続く2人にも甘く入った初球を打たれて3失点。高橋に投げたのはそんなに甘くはなかったかもしれないけど、イケイケの時ってあまりコース関係なく打たれるもんですよね・・・)
5回2死、被安打2の状態からなんと3球で3点を失うという見事な藪っぷり。
どうせなら本物が見たいよヽ(`Д´)ノ
その後も変わった江草が「中継ぎ3試合目にして3回目の無安打満塁」を作り出すなど、野球の神様に生卵を投げつけるような仕打ちを続けるタイガース。
そら再逆転など出来るわけがありませんよ・・・。

この後8回2/3まで投げた江草を見ててふと思ったんですが、オックスはピンチに立ち向かえる回数が1回しかないんじゃ・・・少なくともこれまでの登板でピンチを2回凌いだというのを思い出せません。
登録したり抹消したりが続き気を使った部分があるかもしれませんが、ああなるとどこまでも連打を浴びるのがオックスなので、今日は冷酷に投手を変えても良かったんじゃないかと思うなぁ。少なくとも高橋の4点目は防げたかも知れない。
そもそもが「連敗を止めたくない」という緊張感たっぷりのゲームだっただけに、野手が脱力するような失点は命取りでした。


今日は昨日の逆。
ジャイアンツは好守が目立ちました。サード古城が、阿部が、川中が・・・。
対するタイガースはバント失敗、投手に四球。
上原好投、2番手に高橋(尚)まで使われて(しかも今日は良い尚成)、休養超十分の豊田
まぁ負けたのは仕方ないんですが、本当ちっとも変わらないですね、チーム状態が。
個々の調子は絶対一時期よりいいと思うんだけどなぁ・・・。

聖火リレーの緊張からは解き放たれましたが、今度は負け越しの危機がorz
明日はまた別のプレッシャーかかります。
あ~あ。



【ヨタ話】
kisaragiさんへ
色々考えたんですが矢野さんは「ようちえんのせんせい」がいいです

矢「おーっ、今日はお弁当全部食べたんかぁ」
h「エヘヘ」
矢「よ~し、ほんなら名札にシール貼ったろ♪」
h「わ~い!!」

・・・これ完璧だと思うんですが・・・
【ヨタ話】

[PR]
by harunok | 2006-07-02 01:09 | タイガース
<< 笑いが止まらないよ! どんな試合でも無失点はイイ! >>