トラブルシューティング

タイガース 2-5 スワローズ (甲子園)

先発藪さんは結局3失点。
野手は3四球14安打。
失策1。
相手がそんなに良かったか、といえばそんなこともない。
これで勝てないというのは、普通の大敗よりも絶望的です。
各論では絶対に解決しないということですよ!

物事がどうにも上手くいかないときは打開するために『原因と対策』を考える必要があるわけですが
そのどちらも全く感じさせないとなるともう上手くいかせる気がないということで。
『今何がどうなっていて』
『それをどうしなくてはいけない』
『そのためにコレとコレをする事にした』
『なぜならばこういうことが見込めるからです』
『で、現在ここまで出来て』
『ここはあまり改善されません』
『よって次にコレを考えてます』
これをすぐに言えないでも出来る仕事がこの世にそうそうあるとは思えないんですが。
上坂と早川に何をさせたいの?
ヒット打たせたいの?
今までのベンチ戦力とどう違うヒット打たせたいの?

ベイスターズ、カープに負け越し、ジャイアンツ、スワローズ、ドラゴンズにぼちぼち勝ち越す
という今季のパターンがここに来て崩れつつあります。
5割を切るのは当然です。

去年の監督と同じことをしたくないと思う気持ちはわかるけど、
戦力の種類は変わらないんだから、全く違うチームを作ろうとしたらまともに機能しないのは
当たり前じゃない?

[PR]
by harunok | 2004-06-02 13:12 | タイガース
<< 絶対メール なかなか出来ないよ。 >>