初めて面白いと思った
熱血タイガース党(宜野座スペシャル)みました。
前から面白いなと思ってましたが、「誠の熱血キャンプリポート」がすごく良かった。

今日はバッティング練習の方法を実技を交えて紹介してました。
リトルリーグや部活で野球やってた人には当たり前のことなのかもしれないんですけど、バッターに関しては全くノーアイデアのharunokはこんなにも打撃に興味を持ったのは初めてです!
バットをセンター方向に投げるようにスウィングするんだってさ。
しかもそれで振り切るんだってさ!
ヘッドを遅らせるって今岡さんはよく言いますよね。
なんか手首に悪そうだけど仕組みはよく理解できた。てこの原理なんだ!
先週の「打撃投手にスローボールをオーダーする理由」も良くわかったし、来週が楽しみ。
こんなど素人に分かりやすく説明することが出来るなんてあの人凄いな。
harunokはラボに居たころ、学部生や院生や受験の下見に来た高校生や留学生や学生の保護者なんかに自分とこの研究内容を説明しまくりましたが、あんな大変なものないよ。

さて、某所からの差し入れにより第1、第2クールのブルペンの模様をダイジェストで見ることが出来ました。宜野座に来てる20人の投手は一通り。みんな元気そうですね。
(…と思った瞬間に能見さんが股関節の痛み…)
安藤とか杉山とか最近あんまり見てなかったので、懐かしい投球フォーム見てちょっとジーンと来てしまいました。
井川さんもまだ全力じゃもちろんなかったけど、私は彼がブルペンで試投してるとき独特の、投げ終わった後ボールの行方を見ながら左腕をぷらんとさせてるポーズが凄く好きなので(誰かわかってくれる人はいるのだろうか)それ見れて嬉しかったです。
あいかわらず1塁カバーは怪しいですけど…
シモさんの隣で一心不乱にサインしてるところも見た(笑)

下柳さんといえば、タイガース党のインタビュー、隣に福本さんが居るにもかかわらず顔をそむけ続ける様が面白かったです。すごい目線をそらしてるのに執拗にカメラに大写しされてて(笑)
あの人は身体柔らかいですねぇ。
[PR]
by harunok | 2006-02-17 21:53 | タイガース
<< ノーコン退散祈願 宜野座キャンプここまでのまとめ >>