長かったなぁ
実際には4試合(しかもコールド)しか戦ってないのに、すごく長かったと思う。
ずーーーーーーっと守ってたような気がするし(笑)

終わっちゃったけど、最後は普通の試合ができてよかった。
本当に普通だったら勝ってたんだけど、でも「あの時のアレが抜けてれば・・・」とか「送れてれば」とか「ボールゾーンに決まれば」「1本でてれば」って言えるということは普通の野球の試合だったってことだ。
選手も大体全員が1つはいいプレーをできたし、全員が禁忌のプレーをやらかした。
福原・ジェフ・久保田は出番が少なくてホント残念だったけど。
濱中もね。
悔しい思いと情けない気持ちは、オフの肥やしになると信じてます。
金本・矢野あたりは地獄を見てると思うけど、2人はタイガースでも屈指の精神力の持ち主だから、乗り越えてくれると信じてます。
たとえどんな形でも、タイガースにはまだ2人が絶対に必要だと思う。


マリーンズは、これまで見たことのないようなチームだった。
最初に刀を合わせる前に、全てを準備してた。
まずこうやって、ダメだったらこうして、その次はこうで、後は試合を見ながら修正しよう、というゲームメイクがはっきり伝わってきた。
井川のモーション、フィールディング、どうしようもなくなったときに矢野がよりどころにするもの、金本のこれまでの攻められ方や打球の方向、今岡の好不調、シーツのヒットゾーン、藤川のクセ、鳥谷の動き、外野の肩、そしてベンチワークのクセ。
全部完全に研究されていた。
それらを正しく解析し上手く噛み砕いて現場に下ろし、選手に理解させたうえで「だから大丈夫」だとそれをモチベーションにすら変えてしまう。
そういう組織を見た気がした。
選手は、とにかく元気だった。あんな元気な野球選手は久々に見た。いや、はじめてかも。

それに比べれば、タイガースは準備が足りなかったんだろう。
具体的なものを用意できなかったから、後は全て後手後手に回ってしまって、結局それなりに戦える状態になったのが4戦目だったんだろう。私にはそう思える。

思えば本当にわかりやすいチームで、それでもリーグを制することができたのはそんな解りやすさをもカバーした、選手達個々の力だったのだろうと思う。
ならばそれは敗因であり、同時にタイガースの伸びしろでもある。

セ・リーグ5球団が、このシリーズをどんな思いで見ていたのか、私は非常に気になる。
「自分たちはこんなチームに負けたのか」という感想はどうでもいい。
そうではなくて、ここはマリーンズに学ぼうとするところだろう。
私だったら絶対そうする。
新監督を招聘してチーム建て直しを図るカープや、賢人古田率いることになる若いスワローズ、そしてやはり若い頭脳派の牛島監督が改革真っ最中のベイスターズ。
シリーズをどこかで見ているであろう落合監督のドラゴンズ。
やっぱり改革しなければならない原監督。

なんだか、モタモタしていたら古豪のまま置いてゆかれるような気すらする。
野球はどんどん進化するのだから、来季はまた新しいアイデアと新しいシステムで新しいタイガースの野球をすればいい。
メンバーも目指す野球も変える必要はない。
1番が出てかき回し、2・3番が繋いで4・5番が返し、取り残しをその後ろが掃除し、またチャンスを作り、先発が抑えて中継ぎが食い止めて、抑えが締める野球は歴史が作ってきた形だから信じていいと思う。
それをよりスムーズに行うために何が必要なのか、困難のなかで行うにはどうすればいいのか。
そこに新しいアイデアがあるんだということに気が付かされたシリーズだった。

千葉ロッテマリーンズの皆様、ファンのみなさん
日本一おめでとうございます。
「勢い」と言う言葉は褒め言葉ではないと、私は経験的に思っているのでそんな野暮は言わずに素直に「ムチャクチャ強かった!」と言いたいと思います。
アジアシリーズは心から応援するよ。今江、ヒット打てよ!?



そんで、タイガース!
おつかれ!
内容・結果はともかく、「頑張った」ことだけは掛け値なしに認めるよ!!
来年に期待してます。再来年にも、その次にもね!
[PR]
by harunok | 2005-10-26 22:49 | タイガース
<< 執行猶予半日・・・ ごめんごめん >>