もうすぐ第2試合
先発安藤なので、マリーンズの打線も随分変わってくるんでしょうか。

昨日見てて一番強く感じたことは、マリーンズの選手のものすごいイケイケ思考。
「成功しなかったときどうなるか」
という気持ちが連中には無いのか?と思わせるような個々の動き。
ニッカンで山田爺がマリーンズの配球の話をしてましたが、これも金本今岡が実戦から離れてることを当て込んでのベンチぐるみでのギャンブル。
何か大きなものに守られてノビノビやってる印象を受けました。
正直うらやましい。
絶好調連勝中の中日を更に陽気にしたみたいな雰囲気。
負けても誰も怒らないよ~みたいな。

対するタイガースの選手は、なんか孤独でしたよ。
ちょっと可哀想になるくらい、赤星はファーストベース上でたった1人だったし、バッテリーはあらゆるものに包囲されながら2人きりだった。
でもそれはシーズン中も薄々感じてたことなんだよね。
パワーも技術もアイデアも希望も、選手1人1人の身体の中にしかない。
今年のタイガースはそういうチーム。

自分からミスをしないことと、相手の選手のトライアルを冷静に失敗させることができれば、徐々にタイガースのペースになるんじゃないかと思うんですが。
警戒しすぎて敵のペースにハマることほど悔しいことはないんで、どうせなら相手に合わせない野球を貫いて欲しいです。

あと、金本・今岡に対するマークを薄くするには、そのほかの選手が打つことですよね。
単純だけど、それしかないと思います。
[PR]
by harunok | 2005-10-23 17:27 | タイガース
<< 今日も2人野球か・・・ いいようにやられたな >>