こういう試合を取れるチームは好きだ
試合途中から女々しくTVをつけてみた。
門倉は横浜の裏エースなので、(ウチで言ったらシモさんか?)安藤と投げ合えば確実に投手戦、そして横浜阪神戦だけに拙攻祭りになってるだろうと予想してました。
が、予想外に今日の門倉は荒れていたらしく、四球連発、なんと1ヒットで3点とったタイガースが2点リード。
安藤は立ち上がりにつかまって、佐伯にタイムリーを打たれたらしい。
しかし自分で1点取り返したらしい。
最近投手の内野安打流行ってるね。

その後はほぼ予定通りの展開をみせたらしく、私が見たのはちょうど球児がでてきたところだった。
何の問題もなく1イニングを押さえて9回表。
いきなり中村豊がヒット、赤星がセーフティーで無死1・2塁の大チャンス、しかし鳥谷がバントなんだか何なんだか中途半端なまま見逃しで三振。
なんじゃそら!
続くシーツ先生がゲッツーで終了。
普通の野球ウォッチャーならまず確実に嫌な予感がする展開で9回の裏へ。
案の上久保田様がランナーをお出しに・・・しかも3ヒットで1死満塁。
ゴロでも1点、暴投でも1点、外野フライでも1点、という場面でなんと死球押し出し・・・。
悪いが今季のタカノリを打ち取れなくて一体誰を・・・だって次は金城で佐伯で多村だぜ!
その金城しっかりヒットで1点差。依然1アウト満塁!
犠牲フライで同点、ヒットでサヨナラ・・・何人かTV見ながら死ぬんじゃないかと思いましたが、佐伯をなんとか三振に。
2アウト満塁。
よりによって多村。
もうあとは神様の思し召し、祈るのみ。
・・・・・・バッテリーが半死半生で打ち取ったショートゴロを何故か力いっぱいファーストへ送球する鳥谷(満塁です)・・・しかも悪送球。アンタ大物だよ・・・(笑)
シーツ先生の曲芸タッチでランナーアウト。
これが毎試合あるからファースト濱中とかには断固反対なのだ

劇場というにはあまりに過激な9回裏をなんとか凌いで薄氷の1勝。
久保田は産気づいてる奥さんが気がかりであんま寝てなかったんじゃないかね(笑)

結局タイガースは横浜に12安打されながら、5安打で勝ちました。
タイムリーはシーツの1本と安藤のラッキーヒットのみ。
でも、こういうショボいゲームをしっかり取れるのはいいチームだと思う。
相手が失点するほどミスしたり、乱調だったりするゲームは3試合に1つもないもんね。

明日は土肥ちゃんという話ですが、ここのところ調子を落としているようなので(とうとう巨人戦で負けてた)組織ぐるみで手堅く攻略して欲しいところです。
杉ちゃんはいつもどおり頼むよ。
でもジェフが微妙だから7回まで投げてね。




試合とは関係ないですが、井川さんのHPが更新されてました。
どんなにムチャクチャ打たれても必ず更新する性格は文句なしに好きです。
次までにどこをどうしようとかいうストラテジーがそれなりに見えてるようで、少し安心しました。
対策が思いつかないことほど恐ろしいことはないからな・・・。
おかしいくらい狙い打たれるのは中日に限ったことじゃなく、ヤクルトにもつるべ打ちにあったわけで、結構前からフォームの癖というのは本人も周りもわかってたと思います。
突貫工事がきくほど器用じゃないのが一抹の・・・ですが、盗んだり盗まれたりは日常茶飯事だと思うのでそれなりに対処できると・・・できるといいな・・・。
[PR]
by harunok | 2005-09-04 04:27 | タイガース
<< 連日の緊迫 飛びたいのをグッとこらえてみる >>