飛びたいのをグッとこらえてみる
ぶっ倒れそうなまま数日を過ごし、シモさんの好投も見る気になれず、今岡会長のエラーが2連発HRで上書きされてない、時の止まってるスターharunokザ・ワールドです。
yahooでは一応追いかけてたのですが、こんなこと書いていいのかわかんないんですが、正直に告白すると、勝っても全然嬉しくないです。中日負けるのも。
なんか、置いていかれちゃったな・・・。

そんな気分で過ごしていたら、相方に拗ねられ、年に1回あるかないかの(ない)険悪モードに・・・踏んだり蹴ったりよりによって次は横浜戦という日程の妙ですよ。
他人に文句言ったり喧嘩したりするの大嫌いなので逆ギレもできず、常にスミマセンと怒られ役です。

まぁ、そんなことは置いといて、井川さんですが・・・
もう、ウッズに打たれる寸前まで負け投手になるなんて考えてもみなかったです。
試合前から、前日から、もう絶対勝てると・・・貰ったな、くらいに思ってたんで。
基本的に、私はいつも井川さんは、「本当の本気出せば、相手が誰だろうと、1打席は絶対に抑えられる」と思ってるんで、絶体絶命のピンチでその必殺モードが出せれば勝てると、結構楽観的に考えてます。
あのときも、ウッズを必殺モードで押さえた後の残りの2アウトの心配してたくらいです。
それがHR。
でも、ここまではわりと冷静だったんですが、次の福留。
このシチュエーションで0-3から投げる球は、井川さんの、そのときの最高のボールじゃなきゃいけない。心弱って投げられなかったとしても、結局投げた球があの日の井川さんの限界だった、と解釈しなきゃならんと思うのです。
それをHRされたというのは、ちょっとharunok的に逃げられない感じがしました。

この辺から試合の記憶が曖昧ですが、井川さんが降板するときファンが拍手したこと、桧山さんがHR打ったこと、忍ちゃんが出てきたこと、最後の打席で赤星さんがもがいてたことは覚えてます。
でも、勝ってくれ、逆転して井川さんの負けを消してくれという応援はできなかったです。

中日戦の大乱調は甲子園とTVで見てますが、ピッチングそのものを自ら壊してしまったのはこれが最初では。確かにキッカケは間違いなくエラーだと思いますが、何かを怠ったわけでも、気の緩みがあったわけでもない。3点差くらいでほっとする訳がない。

これが一番キツイなと思うわけなのです。



「井川はピンチになればなるほど良い球が来る。(矢野)」
なんでそんなことができるんだろう、どんな人なんだろうというのが、井川さんに対するharunokの一番素直な憧れの気持ちです。
これだけチームを何度も突き落として、なお次があることについて誰も疑わないのは、彼が今まで何年間も投げ続けてきた信頼がまだ残ってるからでしょう。
そのことが私には大きな救いです。

それでまた、次は絶対勝てると勝手に思うのです。
あの投手はピンチのときほどいい球を投げるはずなんだから。
[PR]
by harunok | 2005-09-03 03:45 | タイガース
<< こういう試合を取れるチームは好きだ 飛びてぇ・・・ >>