最近タイミングがいい

どうも大好きで堪らないらしい、専属癒し系(沖原選手)とマンツーで甲子園自主トレに励んでる矢野様。

飛ばないボールウェルカムバック!


先日インハイの話を書いたばかりなんで。
04シーズン中はどうも外中心の配球が多くてファンにも解説者にも付け入る隙を与えまくってた矢野様。
基本的にharunokは素人で配球に文句つけたりは出来ないんですが、やっぱ見ててもどかしいな、という気持ちはありました。それは、結局そこしか残ってないという事実(あるいは矢野様にそう思わせる状況)に対して思ってたので『何やってんだ、このヘボ配球が!』とかは全然思わないんですが。
何で回避するんだろ、とは思いますよねやっぱ。
ラジオでは(湯船さんゲストのとき)ベンチで見てると色々こうしたらいいのに、とか考えるけど実際キャッチャーボックスに入っててそういう風に出来るか、っていったら出来ないことも多い、みたいな事を言っててなるほどね~と思ったり。

で、今回の飛ばないボール記事なんですが、ああそういうファクターもあるんだな、と思いました。
『詰まらせたと思ったらHRだったりすると、バッテリーとして切り替えるのが大変だった(意訳)』
そんなシーンはいくらでも思い出せますよ…特に被本塁打王の……。
2人で打球を見ながら『え~ッ!?マジかよ?!』って同じ顔してムカついてるのは面白かったけどさ…。
外野フライアウトの多い井川さんにはなかなか厳しい話でした。

この手の器質的な変化はもちろん両チームに平等に作用するので、逆に狭い球場で簡単にHR打てなくなるのはコッチも同じです。タイガースは長距離バッターが殆どいないのであんまり関係ないかな、とも思うんですが、ウチはたまにHRでしか得点できない分不相応な試合をするからな……特に夏場。こういうの無くしていけると、純粋に利点に出来るんじゃないかと思います。

なんにせよ、矢野様(と井川さん)の気持ちのリセットに役立つならそれだけでも結構イイ気がするし。
期待してます。


[PR]
by harunok | 2005-01-20 01:47 | タイガース
<< とりあえずホッ 名前変えました >>